お子様を安全かつ健全にお預かりする仕事です。

幼稚園教諭を2年勤務し、その後は保育関係の仕事に就いております。
幼少期から人のお世話が好きで、特に小さな子どもが好きでした。早く結婚して子どもを産みたいと思っていましたが、それは直ぐには叶わないだろうと、得意のピアノや絵が描けることを活かし保育士を目指しました。
子どもたちを迎える環境作り、準備物、周りのクラスとの打ち合わせがあり、子供たちたちの体調を聞きながら受け容れるのが朝までの作業です。
昼間の活動は季節行事に合わせたものが主で、疲れ具合を見て変更したりします。
基本的には2時位から徐々に子どもは帰宅します。そこから先生方は行事の作り物をしたり(ひたすらハサミを握って同じものを切ったりします…)月末に向けてのお便りを書いたり事務仕事に追われます。
月給は初任給で11万〜14万円が相場です。ただ、作り物が多いと残業になりますが、残業代がつくことは滅多にありません。時給計算をすると最低賃金を大幅に下回ります。
園児が増えればボーナスにも影響しますね。未就学児が遊びに来れるイベントは上司が担当し、営業に結びつきます。それを補助するのも大切な仕事です。
子どもたちと遊ぶことは楽しいです。子どもが好きなことが最低条件ですが、基本的にはお子さんを通して親御さんとコミュニケーションが取れなくてはいけません。
意見の違いやトラブルは実は父兄の方々と起こります。
しかし、大変なことが多く安月給な仕事ですが、子どもたちの笑顔を見ると頑張れます。元気でいられる仕事だと思いますよ。