窓を通して快適な家づくりを薦める中央区銀座の「グリーンブリッジ」

住まいに快適さを求める場合、どんなことに留意したら良いのでしょうか。

住んでいて気持ちの良い家とは、やはり冬は暖かくて夏は涼しいものに限ります。この体験的な要素を満たすには、窓というのは重要な役割を果たします。

グリーンブリッジは、「暑さ」「寒さ」「結露」の観点からサッシの研究を進め、窓の断熱化を研究し続けています。

特に冬場の結露は、どこの家庭でも悩むことでしょう。

北海道などでは寒さや結露防止の為にペアガラスにして断熱効果を上げているのですが、グリーンブリッジのサッシはそれを越えるトリプルガラスで、窓というよりは壁に近い効果があるのが特徴です。

このトリプルガラスは断熱効果だけではなく、防音効果もあるから一石二鳥です。安眠効果をもたらすことにより、窓による健康維持が可能になるのです。

更にはトリプルガラスの強度により、セキュリティ面でも優れた効果を発揮してくれます。

夜間に換気をしたい、と言う人には、わずか10mmのスペースが開く「換気モード」がお勧めです。安全性も高く、省エネ効果もあるという優れた性能があるサッシなのです。

以上、家にこだわる人はいても、窓にここまでこだわりのある企業は少ないものです。

グリーンブリッジは、窓を進化させることにより、住まいの快適さを演出する企業です。

もちろん結露対策に基づいていることから、耐腐食性にも非常に優れています。

窓の事を知り尽くしたグリーンブリッジの製品は、住まいにとって窓という存在がいかに重要なものであるかを私達に知らしめてくれていると言えましょう。