アパレルブランドで販売のお仕事をしていました。

現在は妊娠により退職しましたが、以前はアパレルブランドで販売の仕事をしていました。

元々小さい頃からお洒落をすることが大好きで、そのお洒落を多くの人に楽しんで貰いたいと思ったことがそのお仕事を選んだきっかけです。

今までに同じブランドの3店舗で働きましたが、店舗によって出勤してからの行うことは若干違います。

基本的には、出勤したらまず店内のモップかけです。

前日の夜にも掃除をするのですが、お洋服がひしめき合っている状態なので、すぐに埃が溜まってしまうのです。

次に行うのは新しく入ってきた情報の確認です。お客様のお取り寄せ状況や、シーズンによってイベントが開催されるので、そのルールの確認等です。

規模の大きい店舗では情報の共有をする為に、遅番スタッフで朝礼を行います。

私の勤めていた会社では接客をして販売をするスタイルだったので、一日のうちの殆どを接客をして過ごします。

お客様に入店して頂く為声出しは絶やさず、入って来られたら笑顔で挨拶をします。

お洋服に興味を持っている様子が見られたら、声を掛けてより欲しいという気持ちを持って頂く為に、日常会話をしながらお客様のお気持ちに寄り添っていきます。

ご購入が決まったら、レジ業務をして店外までお見送りをするという流れです。

それ以外にも、競合店の売り上げ情報をリサーチしたり、後輩スタッフの接客力を上げるためにロールプレイングでトレーニングを行ったりもします。

会社全体は1100名程ですが販売の部署では100名程です。そのうち同じ職種は80名程です。

お給料は月に20万円程が平均的な額ですが、お店で着用するお洋服を買う為にそのうちの1万?1万5000円を使用していました。

店舗によってはレジが一日中途切れない等とても忙しいので、割に合わないと感じることもあり、他スタッフからもそのような声が聞こえました。

只体力や精神的にそこまで苦しい仕事では無いので、全体的にみると妥当な金額だと思います。

このお仕事の辛いことと言えば、接客しようと声を掛けても反応が返ってこない場合があることだと思います。

入社したてのスタッフにとってまず最初の試練だと思います。

私自身も入社したての頃は何人ものお客様に無視をされ、自分自身を拒否されたようで落ち込むことが多かったですが、慣れと、気にしないように気持ちを持っていくことで何とか乗り越えることが出来ました。

そしてこのお仕事の楽しかったことは、沢山のお客様と心が通じ合えたことです。

自分のお勧めしたお洋服を嬉しそうに持ち帰られたり、私の顔を覚えて下さってリピーターになって下さったり、接客の仕事だからこそ得られる楽しみを沢山感じることが出来ました。

今お腹の中に赤ちゃんが居ますが、この子が成長して販売職に就きたいと言ったら心から応援したいと思います。

沢山の人々と出会って、沢山の人々を笑顔にすることは自分自身の心の成長にも繋がると思うからです。