寒天に含まれている食物繊維が便通を良くしてくれる。

便秘の時は、寒天を食べると改善するとされています。

その理由は、寒天には食物繊維が多く含まれているからです。寒天全体の80%入っているとされています。

寒天に含まれている食物繊維は、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌と悪玉菌の数を調整する効果があるため、寒天を食べて腸内環境を良くすることで腸が活発化されて便通を良くしてくれるのです。

しかし、腸にいいからと言って寒天を取りすぎることはよくありません。

寒天を取りすぎると、過度の食物繊維がほかの栄養を吸収することを妨げてしまうため、必要な栄養を摂取することができなくなって腸内環境を悪化させてしまう可能性があります。

そのため寒天の摂取は一日に10グラムまでにし、食べ過ぎないようにしましょう。